鹿児島市 谷山にある、やさしくて丁寧な歯医者さん 歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

口腔外科

口は歯だけでなく、歯を支えている顎の骨や舌、歯肉、頬粘膜などで構成されています。
それらの組織、粘膜の異常を外科的に診断・処置するのが、口腔外科になります。
口もカラダの一部。患者様の健康状態を第一に考え、全身の症状を考慮しながら、
問題があれば適切な医療機関を御紹介することもあります。

親知らず

◆「親知らず」でお困りではないでしょうか?

現在の日本人は、顎が小さくなりその結果、顎の奥に親知らずの生える場所がなく、正しい位置に親知らずがうまく生えないことが多くあります。そのため、前の方に傾いて生えたり、横向きに生えたり、歯の一部だけしか顔を出さないといった場合もあります。
また親知らずは埋伏歯(まいふくし)といって、歯があるのに骨や歯肉の中に埋まったままで萌出しない場合があります。埋伏歯があると手前の歯が圧迫されて歯並びに問題が生じたり、一つ前の歯に悪影響を与えることがあります。また埋伏歯と歯肉の隙間から細菌が侵入して炎症を起こし、化膿してしまう恐れもあります。

「親知らず」は抜くべき?

全ての親知らずを抜かなくてはいけないという事ではないです。正常にまっすぐ生えていて噛み合わせがしっかりとしている場合は、抜く必要はないと考えています。(もちろん磨きにくい部分なので、意識してブラッシングしていかないといけませんが)
しかし、痛みがなくても、親知らずの位置や向きによっては手前の歯がむし歯になったり、歯みがきが難しく炎症を起こしやすく、化膿することもあるので、気になる症状があれば早めに当クリニックまでご相談ください。

口内炎や お口の中の「できもの」

◆治りにくい場合は早めの受診を

お口の中のできものといえば口内炎が一般的ですが、痛みもなくできものが次第に大きくなるような場合は良性腫瘍やがんの可能性もあるので、早めの受診をお勧めします。

●口内炎

合わない入れ歯・かぶせなどがこすれて傷を作ったり、慢性的な刺激があると潰瘍(かいよう)になり、いわゆる口内炎と呼ばれる症状です。平たい灰白色や黄色の膜で覆われていて、痛みが強くでることもあります。あたっている尖った歯を丸めたり、入れ歯の調整をすることで、1〜2週間ぐらいで治ってきます。

●口腔がん

口の中にできる悪性腫瘍を口腔がんといいます。胃がんや肺がんと違って、口腔がんはほとんどが目で直接見ることができるのが特徴です。
ただ、見た目が口内炎やその他の潰瘍と似ている上に、その他の潰瘍と比べて痛みが少ないため、口腔がんとは気付きにくく、気付かない間に進行してしまう恐れもあります。
「2週間以上治らない口内炎がある…」という方は、早めに診察を受けるようにしましょう。

PAGE
TOP