鹿児島市 谷山にある、やさしくて丁寧な歯医者さん 歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科

矯正歯科

でこぼこ、出っ歯、隙っ歯、受け口など、歯並びや噛み合わせの問題を治します。
歯並びに問題があると、歯みがきが難しくてむし歯や歯周病のリスクが高くなります。
綺麗な歯並びは、お口の健康のためにとても意味があります。また、美しい歯並びは見た目も綺麗です。
治療前よりも笑顔に自信を持っていただけます。当クリニックでは子供の矯正治療・
大人の矯正治療、両方を行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

美しい歯並びに なりませんか?

  • ●歯を見せて笑うことが気になる
  • ●食べ物が咬みにくい
  • ●歯がでこぼこで歯みがきがしにくい
  • ●子供のうちにきれいな歯並びになる ための治療を知りたい

このような悩みがある方は、一度矯正治療についてご相談ください。
矯正治療とは、歯の1本1本がより良く咬み合うように歯の位置を動かす治療です。歯並びが悪いことで、むし歯や歯周病になりやすかったり、笑顔に自信が持てなかったり、おいしくご飯を食べられない、ということがあります。矯正治療は、このような悩みを根本から解決し、人生がより楽しいものになるお手伝いをする治療です。
では、一体どういう治療なのでしょうか・・? それぞれご説明させていただきます。

矯正治療が必要な 不正咬合の種類

上顎前突
上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
出っ歯。歯だけが出ている場合と、上あごの骨自体が下あごに対し前に出ている場合があります。
下顎前突
下顎前突
(かがくぜんとつ)
受け口。上の歯と下の歯が逆になっています。 歯だけの場合と、下あごが前に出ている場合とがあります。
空隙歯列
空隙歯列
(くうげきしれつ)
すきっ歯。歯が小さい時や「先天性欠如歯」といって生まれつき歯が足りない場合におこります。
叢生
叢生
(そうせい)
いわゆる、デコボコの状態。八重歯なども含まれます。歯の大きさが顎の大きさに対し大きく、並びきらない状態です。
過蓋咬合
過蓋咬合
(かがいこうごう)
咬み合わせが深い状態です。
開咬
開咬
(かいこう)
奥歯を咬んだ時に、上の歯と下の歯に重なりがなく、上下の歯が咬み合わない状態です。
交叉咬合
交叉咬合
(こうさこうごう)
上の歯と下の歯の咬み方(被蓋)が逆になっている咬み方です。

矯正治療の手順


1
矯正相談(無料)

詳しく見る

まずはお悩みやご希望などを聞かせて頂きます。当クリニック資料を用いながら、丁寧にお話させて頂きます。


2
精密検査

詳しく見る

患者さんのお顔の写真、お口の中の写真、お顔のレントゲン、歯のレントゲン、歯型の模型、かみ合わせの記録をとらせていただきます。これらの資料をもとに、骨格、歯、お顔立ちを総合的に把握し、患者様のかみ合わせの状態を診査いたします。


3
診断・治療計画のご相談

詳しく見る

検査結果を詳しくご説明し、結果を元に、患者様の現在の状態、治療方針、費用などのお話をさせて頂きます。このお話を聞かれた上で、正式に矯正治療を開始するかどうか、患者様に決めて頂きます。近年の治療技術や歯科材料の進歩により、治療法の選択肢がいくつかある場合も多いため、この段階で患者さまとよく話し合い、患者さまにとって最良の治療方針を考えていきます。


4
治療開始

詳しく見る

むし歯などがある場合は、矯正装置を付ける前に治療させて頂きます。 その後、患者さまと一緒に決定した治療方針に沿って治療を開始いたします。始めは違和感があるかも知れませんが、大体1週間位で装置にも慣れてきます。

お子様の場合
・歯並びを悪くする原因を取り除く治療
・上下の顎のバランスをとる治療
・顎の成長を妨げる歯の矯正治療を行います。
大人の場合
・多くの場合はマルチブラケットという矯正装置を用い、歯を望ましい位置に動かしていきます。


5
保定

詳しく見る

装置をはずした後は、歯のまわりの骨が固まるまでの期間、取り外しができる装置で歯並びの後戻りを防ぎます。 歯並びに不都合がないか確認しつつ、口腔内のメンテナンスを行います。 期間は通常2~3年で、通院間隔は3か月~半年に一回です。 この装置は、少したったら夜のみの使用となります。 また、矯正治療の期間中は、とにかくむし歯になりにくい歯を作っていく事が大切です。そのために、定期的なチェックと歯磨きの仕方などをお伝えしていきます。

PAGE
TOP