認知症食支援フォーラム

2015.07.29

7月26日(日)に開催された認知症食支援フォーラムにDSC_1065参加し、「認知症の方の口を支える視点」と「口からはじめる健康長寿」という講演を聴いてきました。

「歯の健康」への意識が向上し、8020達成者も増え、認知症高齢者も増えている現在、「歯みがきをすることを忘れてしまう」「ブラッシングのやり方が分からなくなってしまう」「歯ブラシの使い方が分からなくなってしまう」等の問題が起こり、「認知症」によりせっかく残した多くの歯が、むし歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。

最近の研究では、歯がほとんどなく入れ歯を使用されていない方は、歯がほとんどないけど入れ歯を使用されている方に比べ
認知症になっている割合が圧倒的に高いことが分かってきました。
いかに「咬む」機能が大切か!
認知症の予防に歯科医療が果たすべき役割は大きいと実感しました。

一 覧