在宅医療推進研修会に参加して

2015.02.27

2月25日(水)、鹿児島県医師会館での第7回在宅医療推DSC_0543
進研修会に参加してきました。
曽於医師会の橋口衛先生の在宅医療症例報告と、
熊本で開業されている緒方健一先生の「小児在宅医療
地域で普通に生活しよう」という講演で多くの方が参加されていました。
講演内容も分かりやすく、橋口先生の症例報告では
今後在宅で生活したいという人は増えていくと考えられる
が、その中で歯科としてはどう対応していくべきか考えさせられ、
緒方先生の講演では、医療だけでなく、行政も関わって
一人一人の子どもに、どう生きるか、地域での連携が非常に
大切だと改めて感じました。
 

一 覧